八幡桜まつり(淀川河川公園背割堤地区)

東香里院の院長です。

昨日、八幡の桜を見に行ってきましたので初めてブログを書いてみました。

「八幡の桜か~」と今まで思っていましたが、行ってみて感動しました。桜の木の素晴らしさですね。

あそこまで大きな桜を、上手に剪定をしており堤に沿って大きく羽を広げるように咲き誇っています。

それも1.4キロメートルに沿って、どの木も丁寧に剪定されていました。その数248本です。

私は、最後まで歩きそこでゆっくりとビールを頂きました。一本目はほんとうに美味しく頂き、二本目の終わりになると少しほろ酔い気分となり感動です。

 


桜まつりは4月1日(土)~10日(月)9時から17時

 開催中のイベント

  ○日本チャンピオンのジャグリングショー

  ○桜のお話ツアー

  ○お花見船 3月25日~4月10日

        10時~16時(10~30分間隔)

                乗船券販売場所(背割堤地区駐車場)

                乗船料金(大人1,500円/子供500円)

  ○「さくらであい館」3月25日オープン

 


枚方を13時頃に出て、八幡駅に到着。電車を降りると人々が背割堤に向けて進んでいきます。5分もすると桜が見え始め人混みに「アーア」とため息をつきました。

人混みの中を300メートルも進むと、人混みは半減です。

800メートルではゆったりとした景色をノンビリと楽しめます。最後まで行くと達成感とこの桜並木を作ってくれた人々に感謝して、ビールで一服です。

 

3時過ぎに帰路につきましたが、橋の上から人々はまばら、それでも今から見に来る人もまあまあいました。家族で子供を連れて楽しむのもよし。友達と楽しむのもよし。皆さん、一度八幡背割の桜をご覧下さい。